こんにちは。オフィスORAです

オフィスORAは六藤圭介(ムトウケイスケ)が20年に渡り運営しているIT系個人事業です。

「価値」を生みつづける為のITプロジェクトをあらゆる形でサポートします。

「ITで〇〇したい」という話は日常的によく聞きます。
AI、IoT、ブロックチェーンなどなど...技術的なキーワードが一般に聞こえてくることもフツウになりました。

ただし、「〇〇したい」と「〇〇を実際に活用している」が繋がる...「したいことがITで実現する」過程は一般に想像されているほど簡単なことではありません。

発想から実現までを確実に繋ぎこみ、「価値」を生み出すことがオフィスORAのミッションです

オフィスORAは、このミッションを達成する努力を続けることであなたのお役に立てればといつも考えています!

【オフィスORAという名称の由来】
Oracle Database Configuration Fileの拡張子「.ora」から命名しています。
Oracle Databaseを使わなくなって久しいですが...

Contact Details

  • オフィスORA (Office ORA)
  • 代表 六藤圭介 (Keisuke Mutoh)
  • 東京都八王子市八日町8-1-1205
  • kmutoh[at mark]office-ora.com

サービス

業務委託での提供サービスと、独自オンラインサービスを展開しています。
それぞれご興味がある項目についてお気軽にお問い合わせください。

ITコンサルティング

ITで新しい価値を生む...
既存のIT活用価値をさらに発展させる...
IT活用が上手く行っていない...

オフィスORAの経験でお手伝いします

プロジェクト構築

思いついたアイデアを実現するためのプロジェクト構築をお手伝いします。
プロジェクト内容定義コストとスケジュールの見積りはもちろんのこと、開発チームの構築(内部リソース・外部リソース)と、開発スキームの構築(ウォーターフォール型・アジャイル型・継続的インテグレーション・継続的デリバリー)などを含みます

プロダクト/プロジェクトマネージメント

ビジネスに確実にコミットするプロジェクト運営を実施します
ビジネス部門と連携しながらのプロジェクト運営と、プロジェクトチーム内のモチベーション維持がバランス良く成立させることで、ITプロジェクトの成功を導き出します

システム設計

システム設計には最低限必要な3つの項目があります
「拡張性」「メンテナンス性」「セキュリティ」
その思想をベースに利用技術の選定やシステム運用の設計を含めた形でシステム全体の設計を行います
その時の要求だけではなく、将来のビジョンも踏まえて、長くビジネスにコミットし続けられる設計を目指します

システム開発

システム設計に沿って、その思想を損なわない実装を行います
オフィスORAは開発に使うプログラミング言語やフレームワークに依存しません
IT活用価値を生みだし続ける為にベストな形(言語・フレームワークの選択)で実装を行います
ご参考に「対応可能技術一覧」を参照してください。

PMO

複数のITプロジェクトにまたがった形で、それぞれのプロジェクトに必要かつ快適な環境を整えます
例えば、システム結合テストのスキームの構築や、社内で共通に使う内部ライブラリの開発や、プロトタイピングの実施など...
ITプロジェクト運営のスキマを徹底的に埋めていきます

対応可能技術一覧

オフィスORAが対応可能な技術の主なものを一覧します。
各種サービスのご利用をご検討いただく際に参考にしていただければと思います。
それぞれご興味がある項目についてお気軽にお問い合わせください。

ECシステム構築

大量の商品情報・会員情報・アクセス・注文処理を安定して処理できるセキュアなECシステムの構築を行います。
ゼロベース構築から、EC-CUBE / Magentoなどのフレームワークを利用した効率的構築まで様々な形で実現可能ですし、もちろん、既存ECシステムの改修などにも対応します。
オープンソースのEC-CUBEにはコントリビュータとして開発にも参加した経験があり、内部についても詳細に把握しています。 また、クレジットカード決済サービスとしてはStripePay.jpPaypalの利用経験がありますので、それらの導入にはスムーズに対応可能です。

Webアプリケーションフレームワークの利用

オフィスORAではシステム開発時にプログラミングやスクリプト言語には依存しませんので、あらゆるフレームワーク活用が可能です。
Laravel (PHP) / Ruby on Rails (Ruby) / React (JavaScript) / Angular (JavaScript) / Vue (JavaScript) / etc.

クラウド活用

Amazon Web Service / Google Cloud Platform / IBM クラウド などのクラウドサービスを活用し、必要であれば顧客のオンプレミスなインフラ環境と融合しながらインフラ構築、アプリケーション構築、データ分析、システム運用サポートなどを確実に行います。

各種API活用

インターネット上で公開されている様々なAPIを活用して、システムに有効な機能を追加したり、システム開発自体を効率化したりします。
特にSNS(Facebook/Twitterなど)との連携AIや機械学習機能のシステムへの導入システム運用に必要なメンテナンス機能の利用などの分野では必ずAPI活用を行っています。

アジャイル開発

従来のウォーターフォール型プロジェクトも対応可能ですが、最近のシステム開発プロジェクトではアジャイル型で効率的に価値を作り出し続ける方向に向かっています。
オフィスORAでも規模の大小に関わらずITプロジェクトの運営においてアジャイル型に対応しています。

DevOpsと継続的インテグレーション・継続的デリバリー

ITプロジェクトで常に価値を創出し続けるために無駄をなくすには開発と運用を組み合わせ、できるだけソフトウェアでの自動化を図ることは規模の大小に関わらず重要なことです。
オフィスORAではこれらの経験を多く持っているので、シチュエーションに合わせたDevOpsパイプラインを構築できますし、その運用にも自身を持っています。

テスト駆動開発

まずテストを書いてからプログラミングをする。
このことは、システムの品質を担保するためにとても重要なことです。
実現するためには、要件定義やプロジェクトマネージメントにおいて高い能力が発揮されなければなりませんが、オフィスORAでは多くの経験によりこれを確実に実施します。

運用インフラ構築

オンプレミスな環境と、各種クラウドサービスを組み合わせて、セキュアで安定したシステム運用環境を構築可能です。
特にAmazon Web Service / Google Cloud Platformの活用が得意です。

コンテナ活用

システムの開発環境の構築、テスト環境の構築、運用環境の構築、、、これらの場面でDockerを中心にしたコンテナ技術を活用しています。
一度構築したサーバーを手直ししながら稼働させ続けることはもはや危険ですらありますし、必要に応じてコンテナ技術を活用し、効率よく確実にインフラ構築を行うことをオフィスORAはとても重要視しています。

自動テスト実施

テスト駆動開発では自動テスト実施は必須です。
テストを開発の後で用意する場合も、テストを自動化することは、システムの改修・拡張などのシチュエーションでリリースの品質を高めることに繋がりますしとても重要になります。
オフィスORAではテストにコストをかけないシステム開発やITプロジェクトの撲滅運動展開中です。

AI・機械学習

AIや機械学習はITにおいてもてはやされていますが、どのようにそれを活用するかについては工夫が必要です。
APIとして公開されているAI機能で有効な機能が簡単に開発できることもありますし、深層学習まで立ち入って独自のAIエンジンを構築し高度な機能を作り上げるケースもあります。
オフィスORAでは設計実施・開発実施といったかたちでお手伝い可能です。

ブロックチェーン

仮想通貨ビットコインで知られるようになったブロックチェーンですが「ビットコイン≠ブロックチェーン」です。
ブロックチェーンは「分散型データベースの1つの形」です。
よって、その使い方を考えると仮想通貨だけでなくいろいろな応用方法が思いついたりします。
オフィスORAでは、ブロックチェーンの活用提案、設計、開発、運用までトータルに対応可能です。

データ分析

データを分析し、ビジネスなどに活用するニーズは広く存在します。
オフィスORAでは、ビッグデータの収集・前処理・集計・分析・レポーティングまでトータルにサポート可能です。

プログラミング・スクリプト言語

オフィスORAはシステム開発やソフトウェア開発においてプログラミング言語やスクリプティング言語に依存していません。
どんな言語でも対応可能です。
これまででは、アセンブラ / C言語 / C++ / Java / Basic / Visual Basic / PHP / Ruby / Python / JavaScript / C# / Scala / Swiftなどに業務における利用経験があります。

データベース

オフィスORAの名前の由来は『Oracle Database Configuration Fileの拡張子「.ora」』にあります。
古くから多くのデータベースエンジンに関わってきましたが、最近ではもっぱらMySQL / PostgreSQL といったオープンソースのRDBMSを中心に利用しています。
また、NoSQLもその特徴を理解した上で適材適所でシステムに組み込み利用しています。

Webシステム周辺技術

テクノロジーはすさまじいスピードで変化しつづけています。
すべてを追いかけるわけにはいかないほどですが、経験により「追いかける手法」は確立していますので変化には常に対応可能な体制でいます。
「これ知ってる?これつかってやって」というよくある要望には大抵対応可能になっていますので安心して気軽にご相談ください。

職歴
1990 - 現在

2001 - 現在

個人事業「オフィスORA」運営 第2期

中小企業向けに、ITコンサルティング・プロジェクトマネージメント・システム設計・システム開発を業務委託
2007年6月~2015年5月は京都府京都市に拠点をおき、通常個人事業ではまかなえない規模の業務委託案件に対応する為に「IT系個人事業主の共同体 - チームLeft Handle」を組織していた。

1998 - 2000

シニアソフトウェアエンジニア - People Network Inc.

アメリカ・シリコンバレーのスタートアップ企業に参加。
ネットワーク管理システムの設計・開発を担当。
また、同時にシリコンバレーのIT企業から業務委託を請け、様々なソフトウェア開発プロジェクトに参加。

1995 - 1997

個人事業「オフィスORA」運営 第1期

主に業務委託でMicrosoft社のマルチメディアコンテンツ開発プロジェクトに参加。
コンテンツ編集システムや各種ツールの開発と運用を担当。

1990 - 1995

ソフトウェアエンジニア - 株式会社リコー

システム開発部にて、社内SEがシステム構築に使うライブラリの開発を実施。
主に「文字認識(OCR)」ライブラリの研究・開発を担当
後に、リコーとIBMの合弁会社「株式会社ライオスシステムズ」にて、Windows用の文字認識パッケージソフトウェア開発も実施。

学歴

1986 - 1990

工学院大学 電子工学科 電子工学コース

単位ギリギリで卒業。
卒論テーマは「ゼーマンレーザーによる光波干渉位相の測定」。

Contact Me

お気軽にどうぞ。待ってます!